髪が薄くなってきたら食べておきたい食品とは?

年齢を重ねるとどうしても髪全体のボリュームが減ってきてしまい、頭皮ケアを始めるようになったという方は多いです。

しかし薄毛の原因は様々であり、正しい知識を持って適切な育毛ケアを行わないと薄毛が改善せずに悪化してしまう恐れもあります。

そもそも髪が薄くなる原因とは、生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化が関係しています。

特にストレスや栄養不足になることでヘアサイクルに乱れが出てしまうと、本来生えてくるべきだった毛が生えてこなかったり、毛の成長が十分に行われないなど様々な頭皮トラブルにつながるのです。

そのため薄毛対策としてまず行うべきといわれているのが、生活習慣の乱れや頭皮環境を改善し、ヘアサイクルを正常な状態に戻し薄毛の進行を抑えることです。

頭皮のコンディションや毛髪の状態を改善する際に重要となるのが、普段の食生活で栄養バランスの良い食事がとれているかという点です。

人間の体は、皮膚から毛髪まで普段の食事によって構成されています。

そのため栄養バランスが偏っていたり、脂質や糖質、刺激物など体に良くない物ばかり食べたり、偏食が多いとどんなに頭皮ケアに気をつけていても健康な髪は生えてきません。

そこで普段の食事で積極的に摂取すべき食品とは、髪の主成分であるタンパク質を摂取出来る食品となります。

タンパク質そのものを摂取するなら肉や魚、卵や大豆、乳製品がおすすめですし、野菜や豚肉、レバーや大豆などは頭皮の血流を改善させ、頭皮環境を整える為に必要なビタミンが豊富ですし、レバーや牡蠣、魚介類に含まれる亜鉛は髪を作る基本となる栄養素となるので、積極的に摂取するようにしましょう。

先日投稿した
髪に良いと言われる栄養素は鯖缶に含まれているの?
の記事で紹介しているサバ缶もオススメですよ。

髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、午後10時から午前2時のゴールデンタイムに分泌される傾向にあるので、夜遅くに食事をとらないようにすると消化を助けるために血流がお腹に集中することがなくなり、頭皮に十分な栄養が行きやすくなり薄毛対策となります。

髪に良いと言われる栄養素は鯖缶に含まれているの?

艶やコシのある健康的な髪の毛に憧れる女性は多いことでしょう。

「髪は女の命」という言葉にもあるように、髪の毛のお手入れに人一倍手をかけている女性もいるかもしれません。

美しい髪の毛になる為には、頭皮の環境を整えることに加えて、髪の毛に良いとされる栄養素を含んだ成分をコンスタントに摂取する必要が出てきます。

手軽に摂取できる髪の毛や頭皮に良い栄養素を含んでいるものの一つに「鯖缶」があります。

スーパーやコンビニエンスストアなどの身近なお店で入手できるうえに、コストも安いのが魅力になっています。

鯖缶に含まれる栄養素の代表的なものが「EPA」と「DHA」の二つで、血管の老化を予防や血液をサラサラにする作用が期待できます。

血液の流れがスムーズになれば、頭皮の環境もよくなるので必然的に髪にも良い影響をもたらすこととなるでしょう。

また、髪の毛は「ケラチン」というタンパク質で合成されているのですが、体内で生成することができないため、食事やサプリメントから摂取することになります。

鯖缶には、良質なタンパク質も多く含まれているので、この点もメリットといえるでしょう。

最近では、人気テレビ番組で「マツコのサバ缶の世界」として特集も組まれており、日本サバ連合会で活躍している「サバジェンヌ」の池田陽子さんが様々な鯖缶を紹介していました。

鯖缶といえば、数百円ほどのものが一般的ですが、中には1000円ほどする高価なものもあります。

先日、「美味しいサバ缶」というサイトで紹介されていた

1000円超えの鯖缶
を買って食べてみましたが、大げさではなく涙が出るほどの美味さでした。

他にも珍しい鯖缶も多数あるので、気になる方は是非、スーパーなどの缶詰コーナーや上記のホームページをのぞいてみるとよいでしょう。

鯖缶はほかの缶詰とは違い、密封してから加圧や加熱殺菌されるので保存料が一切使われていません。

そのため、栄養素を失うことなくダイレクトに体に取り入れることができます。

サラダに加えてもよいですし、鯖缶にスライスした玉ねぎや刻んだ漬物、マヨネーズや塩コショウなどの調味料をのせて酒のつまみとしていただくのもおすすめです。

ノンシリコンシャンプーって何が良いの?デメリットとメリットをご紹介

ノンシリコンシャンプーはその名の通り、配合成分にシリコンを含まないもので、メリットとデメリットがあります。

代表的なメリットは、髪の毛の表面に余分な成分を残さないことで、パーマやカラーリングが掛かりやすくなる点が挙げられます。
その結果として、形状や色が長持ちしますから、施術を頻繁に繰り返す必要がなくなり、経済的にも髪の負担的にも軽くなります。

当然ですが、ノンシリコンシャンプーはシリコンで髪の毛をコーティングしないので、軽やかな髪の質感が生まれます。
ふわっと仕上げるのに適していますから、髪の毛が重たいと感じる場合は、ノンシリコンシャンプーに変えてみるのが有効です。

一方のデメリットは、髪の毛を保護するコーティングがなくなることで、指通りが悪くなったり髪にきしみを感じるなどです。

また、髪同士の摩擦が強くなりますから、キューティクルの傷みが進行したり、ダメージを受けてボロボロになる恐れがあります。
勿論、ドライヤーやヘアアイロンの熱から守る保護がなくなるので、熱ダメージが直接的に髪の毛に向かいます。

このように、ノンシリコンシャンプーにはメリットとデメリットがありますから、天秤に掛けた上でどちらが良いか比較検討して選ぶことになります。

髪を洗練するにはいくら必要なの?

やっとの思いでオーダーした縮毛矯正が
失敗してしまいチリチリ毛にされてしまった…
なんて経験はないでしょうか。

最近では4,000円以下でカラーやパーマができるお店もありますが、

安い店で粗悪なカラーリングを受けてしまうと、
薬剤の毒素が頭皮に残ったり、

解毒しきれなくなったときに、
かゆみや発疹症状が現れることがあります。

頭皮は解毒の作用が働きにくいので、

9,000円
9,500円
10,000円
10,500円
11,000円
12,000円

とちょっと高めのお店でも、

しっかりした前処理剤が、
つやのあるカールを作ってくれて、
通常のパーマに比べたら、
トリートメント効果が高くて
カールの持続時間が長い技術のあるお店を選びましょう。