ノンシリコンシャンプーって何が良いの?デメリットとメリットをご紹介

ノンシリコンシャンプーはその名の通り、配合成分にシリコンを含まないもので、メリットとデメリットがあります。

代表的なメリットは、髪の毛の表面に余分な成分を残さないことで、パーマやカラーリングが掛かりやすくなる点が挙げられます。
その結果として、形状や色が長持ちしますから、施術を頻繁に繰り返す必要がなくなり、経済的にも髪の負担的にも軽くなります。

当然ですが、ノンシリコンシャンプーはシリコンで髪の毛をコーティングしないので、軽やかな髪の質感が生まれます。
ふわっと仕上げるのに適していますから、髪の毛が重たいと感じる場合は、ノンシリコンシャンプーに変えてみるのが有効です。

一方のデメリットは、髪の毛を保護するコーティングがなくなることで、指通りが悪くなったり髪にきしみを感じるなどです。

また、髪同士の摩擦が強くなりますから、キューティクルの傷みが進行したり、ダメージを受けてボロボロになる恐れがあります。
勿論、ドライヤーやヘアアイロンの熱から守る保護がなくなるので、熱ダメージが直接的に髪の毛に向かいます。

このように、ノンシリコンシャンプーにはメリットとデメリットがありますから、天秤に掛けた上でどちらが良いか比較検討して選ぶことになります。

髪を洗練するにはいくら必要なの?

やっとの思いでオーダーした縮毛矯正が
失敗してしまいチリチリ毛にされてしまった…
なんて経験はないでしょうか。

最近では4,000円以下でカラーやパーマができるお店もありますが、

安い店で粗悪なカラーリングを受けてしまうと、
薬剤の毒素が頭皮に残ったり、

解毒しきれなくなったときに、
かゆみや発疹症状が現れることがあります。

頭皮は解毒の作用が働きにくいので、

9,000円
9,500円
10,000円
10,500円
11,000円
12,000円

とちょっと高めのお店でも、

しっかりした前処理剤が、
つやのあるカールを作ってくれて、
通常のパーマに比べたら、
トリートメント効果が高くて
カールの持続時間が長い技術のあるお店を選びましょう。