髪が薄くなってきたら食べておきたい食品とは?

年齢を重ねるとどうしても髪全体のボリュームが減ってきてしまい、頭皮ケアを始めるようになったという方は多いです。

しかし薄毛の原因は様々であり、正しい知識を持って適切な育毛ケアを行わないと薄毛が改善せずに悪化してしまう恐れもあります。

そもそも髪が薄くなる原因とは、生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化が関係しています。

特にストレスや栄養不足になることでヘアサイクルに乱れが出てしまうと、本来生えてくるべきだった毛が生えてこなかったり、毛の成長が十分に行われないなど様々な頭皮トラブルにつながるのです。

そのため薄毛対策としてまず行うべきといわれているのが、生活習慣の乱れや頭皮環境を改善し、ヘアサイクルを正常な状態に戻し薄毛の進行を抑えることです。

頭皮のコンディションや毛髪の状態を改善する際に重要となるのが、普段の食生活で栄養バランスの良い食事がとれているかという点です。

人間の体は、皮膚から毛髪まで普段の食事によって構成されています。

そのため栄養バランスが偏っていたり、脂質や糖質、刺激物など体に良くない物ばかり食べたり、偏食が多いとどんなに頭皮ケアに気をつけていても健康な髪は生えてきません。

そこで普段の食事で積極的に摂取すべき食品とは、髪の主成分であるタンパク質を摂取出来る食品となります。

タンパク質そのものを摂取するなら肉や魚、卵や大豆、乳製品がおすすめですし、野菜や豚肉、レバーや大豆などは頭皮の血流を改善させ、頭皮環境を整える為に必要なビタミンが豊富ですし、レバーや牡蠣、魚介類に含まれる亜鉛は髪を作る基本となる栄養素となるので、積極的に摂取するようにしましょう。

先日投稿した
髪に良いと言われる栄養素は鯖缶に含まれているの?
の記事で紹介しているサバ缶もオススメですよ。

髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、午後10時から午前2時のゴールデンタイムに分泌される傾向にあるので、夜遅くに食事をとらないようにすると消化を助けるために血流がお腹に集中することがなくなり、頭皮に十分な栄養が行きやすくなり薄毛対策となります。