美容師と理容師、どっちを目指したらいいのか?

ヘアサロンなどで仕事をしたいと考えている方にとって、
美容師と理容師のどちらかを選べる選択肢があります。

目指す方向を事前に明確にすることで将来に活躍するステージを思い通りにすることができるのではないでしょうか。

双方の良い点、そうではない点を事前に把握することも必要です。

美容師のメリットとデメリットは、主に女性客をメインにしていて、ヘアカットの他、パーマ、シャンプーやブロー・セットなどが必要になるので、常に時代に合わせた新しい技術とセンス、お客様の要望に応える必要があります。

このことにより、華やかさもありスタイリスト的な存在なこともメリットです。

デメリットは日々進化しているヘアデザインの流行や技術を勉強しなければならず、顧客を抱えるまでの年数が長めになることです。

理容師のメリットとデメリットは、仕事が均一化されている傾向にあるので、比較的楽なことです。

通常はカット作業とシャンプー、顔剃りなどをメインにしていて、お客様の要望によりメニューは少し異なる程度です。

デメリットは男性客が多いので女性には不向きな一面があり、美容室と比較すると単価が低めになることから、数をこなさなければ仕事が成り立たないという内容を挙げられるのではないでしょうか。

将来、独立して店舗を運営した後のことを考慮して、メリットとデメリットを把握した上で選ぶことも間違いではありません。